商品プラン – 木造倉庫 – | Locosu倉庫(ローコス倉庫)|鹿児島の工場建設・倉庫建築の専門店
無料カタログダウンロード無料お見積り・ご相談フォーム
商品プラン – 木造倉庫 –
大型木造倉庫
木造建築で大規模、大空間、多用途、多層階建築物を実現
大規模な倉庫、工場に木造が選ばれています

■軽くて強い

高耐久・高強度な木質トラスを採用しており、今まで不可能と思われていたロングスパン(大空間)の建築が可能になりました。

■経済性

木材は鉄骨やRC構造に比べ、断熱性に優れており、冷暖房の稼働機関や設定温度を抑え目にすることができ、環境への負荷も軽減します。
断熱性能の違いは、現場での作業性や保管物の品質にも影響します。

■環境

木材を建築物に使用することは、周辺環境のCO2の排出量を減らし、地球温暖化防止に貢献します。
それにより、公共建築物は、木材を利用するよう2010年10月に『公共建築物木材利用促進法』が施行され、中低層の公共物は原則としてすべて木造にするよう制定されています。
木造倉庫には魅力が詰まっています

■居住性

木造の特徴は居住性のよさにあります。夏の日射しに温まりにくく、冬の室内の熱を逃がしにくい木材の性質は、冷暖房オフの時、良くわかります。
断熱材を入れて空調する場合でも、柱部がヒートブリッジとなって性能低下することがありません。
木造現し仕上げであれば、木材の調湿効果も発揮されます。

■国産材

トラスや壁パネルに使用する構造用製材はカナダ産S.P.F材が中心ですが、指定があれば国産材を使用することもできます。
今後、樹齢50年以上の材が大量に供給される杉材や松材も、トラスや壁の構造設計に取り込むことができます。
地域県産材を利用するための、製材方法、JAS認定、資材搬入などご相談しながら進めてまいります。

■基礎と地盤

構造体が軽量ですので、基礎の設計荷重、地耐力も小さくてすみます。

■減価償却

木造は減価償却期間が短いため、鉄骨造やRC造に比べて毎年の減価償却費を多く計上でき、キャッシュフローが有利です。
もちろん適切にメンテナンスされた木造の耐用年数は他工法と遜色ありません。最終的な解体コストも安価です。
無料カタログダウンロード無料WEBお見積り

鹿児島県で工場建設・倉庫建築を低価格で実現する

鹿児島県でNO.1を目指す倉庫建築プロ集団